環状通東整形外科

病気を知る

腱板断裂 | 五十肩 | 石灰沈着性腱板炎 | テニス肘

五十肩

五十肩とは

昔から40~50歳代で特にきっかけ無く、肩の関節が痛くなる病気を五十肩と呼んでいました。

しかし現在では、関節の袋やその周りの組織に炎症を起こし、肩の痛みと動きが制限される病気を五十肩と呼んでいます。

原因としては関節の年齢的変化に加え、肩関節をとりまいている腱板と呼ばれる筋肉の一部が炎症を起こすことが考えられています。

50歳代の人に多いので五十肩と呼ばれていますが、30歳代の人や80歳の人にも起こり得ます。

五十肩は放置しても1年くらいで治癒することが多いと言われていますが、適切な治療を受けることで早く治すことが可能な病気です。しかし糖尿病を合併している場合、治るまで長期を要することがありその場合血糖値の管理も大切になってきます。その他、五十肩と似たような症状を出す筋肉の損傷である腱板断裂や石灰沈着性腱板炎という病気もあり治療の方法も異なります。『五十肩』と自己判断せず、まずは整形外科の受診が治療への第一歩です。

こんな症状ありませんか?

動かした時の痛み、安静時痛

肩を動かしたときに痛みがあり、夜、就寝時の安静時痛などがある。

ある程度時間が経つと痛みは軽くなってくるが、肩の動きはなかなか改善しない。

診断は、診察とMRIという断層写真での診断は可能です。

治療法

投薬・注射

炎鎮痛剤の内服。初期の痛みが強いときには炎症を止めるステロイド剤や滑りを良くするヒアルロン酸を関節内に注射します。

リハビリ

肩を温める温熱療法と肩の動きを良くする訓練を中心に行います。

がむしゃらに肩を動かすのではなく、かえって炎症が強くなり逆効果になりかねませんので、整形外科で正しい運動の指導が必要です。

肩・肘関節、肩・肘関節鏡手術・ スポーツ障害専門

環状通東整形外科

【月・火・水・金】 午前 / 9:00~11:30 午後 / 14:00~17:30
【木】 午前 / 9:00~11:30 午後 / 14:00~16:30
【土】 午前 / 9:00~11:30
【日・祝祭日・第1・3土曜】 休診

お問い合わせ電話番号

011-780-8080

〒065-0015 札幌市東区北15条東18丁目

地下鉄・東豊線 環状通東駅下車 2番出口より徒歩5分