環状通東整形外科

病気を知る

腱板断裂 | 五十肩 | 石灰沈着性腱板炎 | テニス肘

テニス肘

テニス肘とは

テニス肘とは

肩「テニス肘」とは肘の外側の骨の出っぱっている部位の病変を指します。

正式名を「上腕骨外側上顆炎」といいます。手首を上に曲げる働きのある筋肉の柔軟性が衰えてきたところに、使い過ぎあるいは外傷が加わり、その筋肉が骨に付着している「腱」に微小な損傷が起こることで発症します。

治療方法

サポーター、筋肉のストレッチング、ステロイドの注射

初期にはサポーターや、筋肉のストレッチングで対処しますが、症状の強い人にはステロイドの注射をすることがあります。 腱は血流の少ないところなので、治るまで4~6カ月要することがあります。

ステロイドの注射はある程度の期間、炎症を抑えるので症状を緩和することができますが、繰り返し打つと組織を弱くしてしまうため、2~3回までとすべきです。

サポーター

ステロイド注射

関節鏡手術

半年以上経過しても治らないテニス肘は、腱の断裂を起こしている可能性が高く、前述のような治療を繰り返しても症状がとれなくなります。

そのような例はMRIで断裂部位を確認できます。

MRIでは、左の画像、矢印の部分のように、腱の断裂している部分が白く写ります。

関節鏡手術
関節鏡手術
関節鏡手術

丸で囲った部分が断裂部分です。

数ミリ程度の穴から肘の関節内に関節鏡を入れて、損傷部位を処置します。

多くの場合、腱の断裂部位がはっきりと見えます。

当院では根本治療として、関節鏡を用いています。

断裂部位と上腕骨の外側上顆がぶつかることによって症状を出すため、断裂部分を削り、骨とのぶつかりをなくします。

電気メスなどを使い、断裂部分を削り、骨とのぶつかりをなくします。

関節内の他の部分も観察するため、だいたい一時間程度を要します。全身麻酔で行うため、御本人は寝ている間に手術は終わります。

複雑な手術ではないため、ギプスなどはせず、手術翌日から肘関節を動かすことは可能です

9割の人は関節鏡で症状を完治させることができます。残り1割の人は軟骨損傷等、他の部位の病変が合併していることが多いようです。

肩・肘関節、肩・肘関節鏡手術・ スポーツ障害専門

環状通東整形外科

【月・火・水・金】 午前 / 9:00~11:30 午後 / 14:00~17:30
【木】 午前 / 9:00~11:30 午後 / 14:00~16:30
【土】 午前 / 9:00~11:30
【日・祝祭日・第1・3土曜】 休診

お問い合わせ電話番号

011-780-8080

〒065-0015 札幌市東区北15条東18丁目

地下鉄・東豊線 環状通東駅下車 2番出口より徒歩5分