医師紹介

院長挨拶

院長

当院は2006年3月に地下鉄「環状通東駅」の近くに開院いたしました。整形外科単科でべッド数17床の、有床診療所です。
私は1995年から1年間、肩関節鏡の権威である大阪厚生年金病院(当時)の米田稔先生のもとで研鑽を積んでから、主に肩関節疾患を中心に診療してきました。その後、「肘関節」にも関節鏡の技術を投入し、テニス肘、変形性肘関節症などにも専門範囲を広げてきました。
現在は同じく肩、肘関節を専門とする木村重治医師、膝関節を専門とする松村忠紀医師とともに上・下肢のスポーツ障害にも力を入れております。
ほとんどの疾患は、リハビリテーションや生活指導、投薬等で改善されます。当院もリハビリテーション部門を充実させ、理学療法士と共に毎日300人近くの患者さんの治療にあたっております。
ただ、リハビリテーション等でどうしても治らない疾患もあり、そのときには関節鏡手術を用いて、完治を目指します。
当院の技術は日本の最先端レベルと自負しております。
どうぞお気軽にご来院ください。

医療モットー
患者さんのニーズに合った治療を一緒に決めて行くこと。
最先端の肩関節分野を常に修練し、
患者さんに提供し続けること。

堀田 知伸
札幌市出身
昭和41年生まれ
【趣味】
マラソン、
スキー(モーグル)

専門領域

肩関節(特に、スポーツ障害肩と肩関節鏡手術)
肘関節鏡手術

資格・認定

医学博士
日本整形外科学会専門医
日本リハビリテーション学会認定医

経歴

平成3年 札幌医科大学卒業・同大学整形外科医局 入局
済生会小樽病院・大阪厚生年金病院・市立室蘭総合病院・札幌中央病院等を経て、
平成11年 北栄整形外科 副院長就任
平成18年3月 環状通東整形外科 院長就任

所属学会

日本整形外科学会
日本運動器リハビリテーション学会
日本肩関節学会
日本関節鏡学会
北海道整形災害外科学会

副院長挨拶

副院長

副院長の木村重治です。
平成26年に就任以来、肩と肘の治療を中心に診療してきました。
専門的な診断とリハビリテーションなどの保存的治療や、特に関節鏡手術に力をいれて診療にあたってまいりました。
肩と肘の痛みにお悩みのみなさま、どうぞお気怪に受診してください。
また、これまでの経験をいかし、他部位の骨折や捻挫などのケガの治療も行っております。
初期治療から、社会復帰、スポーツ復帰へのリハビリテーションまで、お任せください。
木村 重治
札幌市出身

専門領域

肩関節

資格・認定

医学博士
整形外科専門医

経歴

平成13年 4月 札幌医科大学医学部 卒業
平成13年 4月 札幌医科大学付属病院整形外科
平成14年 4月 釧路赤十字病院整形外科
平成15年 4月 赤平市立病院整形外科
平成15年 4月 札幌医科大学大学院 入学
平成19年 3月 札幌医科大学大学院 卒業
平成19年 4月 砂川市立病院整形外科
平成21年 4月 札幌医科大学付属病院整形外科
平成22年 4月 砂川市立病院整形外科
平成25年 4月 広域紋別病院整形外科

手術実績一覧(全身麻酔)

堀田医師・木村医師が行った手術数を掲載しています。

肩関節 上腕~手 股関節 膝~足 その他 合計
平成
29年
340 170 0 83 4 597
平成
28年
315 118 1 70 19 523
平成
27年
351 91 2 45 16 505
平成
26年
342 57 0 63 8 470
平成
25年
275 27 1 45 7 355