入院案内

全ての患者様のご病気が1日も早く回復されますよう努力いたします。

入院される方へ

以下の書類を受付窓口に提出し、入院手続きを行ってください。

  • □ 入院申込書 ※記入済みのもの
  • □ 保険証
  • □ 診察券
  • □ 限度額適用認定証 ※詳しくはこちらをご覧ください
  • ● 労災・交通事故で入院される方は、必ずその旨をお申し出ください。
  • ● 共用駐車場のため、自家用車を駐車したままの入院は出来ません。

身元保証人について

なるべく、市内住居の入院される方とは独立して生計を営む方・または勤務先責任者を身元保証人としてくださいますよう、お願い申し上げます。

以下の書類を受付窓口に提出し、入院手続きを行ってください。

  • □ 下着類 ※肩の手術を受ける方はタンクトップ数枚※下肢(膝)の手術を受ける方は半パンツ数枚
  • □ タオル
  • □ バスタオル(大 1枚は手術の時身体の下に敷く)
  • □ スリッパ ※下肢の手術を受ける方は着脱しやすい運動靴
  • □ 洗面道具、シャワー用品 ※肩の手術を受ける方はボディブラシが便利です
  • □ ティッシュペーパー
  • □ ウェットティッシュ
  • □ スプーン、フォーク
  • □ コップ(割れないもの)
  • □ イヤホン ※各ベッドに設置のテレビを使用する場合
  • ● 寝具類、病衣は当院でご用意しております。
  • ● 当院には売店がございません。
  • ● 当院・他院いずれのお薬も入院中に不足するようのないようご持参ください。

※お薬手帳または、薬の内容を示す文書をご持参ください。

起床と就寝

起床は午前6時です。就寝は午後9時です。
ラジオ・テレビ・ベッドランプ等を全て消してお休みください。
ベッドランプとTVはイヤホンを使用し、23時まで使用可能です。

回診

午前8時半頃より順次行います。

食事

朝食・午前 8時前後、昼食・午前 12時前後、夕食・午後 6時前後です。
院内で自炊や出前をとることはできません。

外出と外泊

外出・外泊される際は、事前に詰め所へ申し出て医師の許可が必要となります。
無断外出・外泊はできません。
帰院時間は厳守願います。

※一回に外泊できる日数は3泊以内になります。

その他

  • ● 午前6時~午後9時まで使用できる公衆電話は、各階にございます。
  • ● シャワーは午前9時~午後3時まで毎日利用できます。
  • ● 男性は火・金曜、女性は月・木曜となっております。
  • ● シーツ交換は毎週火曜日に行います。
  • ● 病衣交換は毎週月・木曜に行います。
  • ※1回100円のコイン式洗濯機もございます。

    洗剤は各自ご用意ください。

  • ● 入院中の定期請求は、月末締めとし、翌月10日頃に請求書をお部屋までお持ちいたします。
  • ● 入院時のご精算は、前日に概算をお伝えしますので、当日、1階会計窓口にお声かけ下さい。
  • ● 特別室使用料金(1日)は1人部屋6,000円、2人部屋4,000円となります。(税込)
  • ● お会計には、施設使用料として、1日200円が別途含まれます。※詳しくは事務窓口までご相談ください。
  • ● 職員に対する金銭、物品等のお心遣いはご遠慮させていただいております。

高額療養費制度について

入院時に、限度額適用認定証をご提示の場合、お支払い金額は限度額までとなります。
事前に認定証を申請し、交付を受けてください。
認定証のご提示が無い場合は、通常の自己負担額をお支払いの上、退院後ご本人様にて高額医療費支給手続きを行っていただく事となります。
詳しくは受付でご確認ください。

※各種診断書

各種診断書が必要な方はご入院中に必要金額を添えて受付窓口までお出し下さい。
お渡しは退院から約1週間後となります。
<診断書金額> 各種保険会社書式 7,560円〜 病院書式 2,160円〜

肩の手術でウルトラスリングを使用する方へ

入院中に札幌義肢(装具屋)に装具料金をお支払いしていただいております。(36,156円~)
ご加入の健康保険に手続きをすると7~9割(保険種により異なります)返金されます。
手続きの仕方などは札幌義肢より説明があります。

肩の手術でショルダープレイスを使用する方へ

装具代金は5,000円(自費)になります。

肩の手術でアームスリングを使用する方へ

装具代金は1,200円(自費)になります。

膝の手術でニースプリントを使用する方へ

入院中に札幌義肢(装具屋)に装具料金をお支払いしていただいております。(16,558円~)
ご加入の健康保険に手続きをすると7~9割(保険種により異なります)返金されます。
手続きの仕方などは札幌義肢より説明があります。

長時間床上安静となる方へ

膝の手術などで歩行に制限のある場合、血栓予防として着圧ストッキングを着用していただきます。
代金は2,000円(自費)になります。

お見舞いに
来られる方へ

面会時間は、月~土曜日は午後1時~午後8時、日曜日は午前10時~午後8時です。
詳しくは、病院内でのお願いをご覧ください。

面会時間

月曜日~金曜日 13:00~20:00
日曜日 10:00~20:00

横スクロールまたはカーソルで続きを表示できます→

長時間のお見舞いや他の患者様にご迷惑の掛かる行為はご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

高額医療制度について

平成19年4月より、現在70歳未満の被保険者が、入院などにかかる高額療養費を現物給付化して、一医療機関ごとの窓口での支払いを自己負担限度額(高額療養費算定基準額)までにどとめることができるようになりました。

高額医療制度

平成19年4月より、現在70歳未満の被保険者が、入院などにかかる高額療養費を現物給付化して、一医療機関ごとの窓口での支払いを自己負担限度額(高額療養費算定基準額)までにどとめることができるようになりました。

制度を利用するには?

申請は、事前に国民健康保険ご加入の方は各区役所、社会保険ご加入の方は加入されている医療保険の保険者(※1)に、健康保険限度額適用認定申請書を提出し、健康保険限度額認定証の交付を受けて、医療機関窓口に提出してください。
※1 健康保険組合、社会保険事務所(協会けんぽ)、または市区町村(国民健康保険)など。

限度額適用認定証について(70歳未満)

従来、高額療養費請求の手続きが必要でしたが、限度額摘要認定証を提示していただく事により、窓口でのお支払いが自己負担限度額に留まる事となります。限度額はその方の所得によって異なります。

<申請場所>

国民健康保険ご加入の方:各市区町村役所 年金課給付係
※お手続きの際には印鑑と保険証が必要となります。
社会保険ご加入の方:全国健康保険協会(協会けんぽ):北海道支部 726-0352
※協会けんぽの申請書はホームページよりダウンロードが可能です。
各組合健康保険の方は職場にお問い合わせ下さい。

区分 自己負担限度額

ア 252,600円+(総医療費-842,000円)×1% ※多数該当 140,100円
イ 167,400円+(総医療費-558,000円)×1% ※多数該当 93,000円
ウ 80,100円+(総医療費-267,000円)×1% ※多数該当 44,400円
エ 57,600円 ※多数該当 44,400円
オ 35,400円 ※多数該当 24,600円
(食事代1食460円、施設利用料1日200円、診断書代などは対象外となります)
尚、限度額は月毎の算定となる為、入院期間が月をまたぐ場合は、その月毎に限度額までのお支払いが必要となります。
限度額適用認定証でのお支払いをご希望される場合は、入院日までに各自お手続きを済ませて、入院当日に保険証と合わせて事務窓口へご提出下さい。
ご不明な点等がございましたら、事務窓口までお尋ね下さい。