リハビリについて

リハビリ室のご案内

リハビリテーション科

肩・肘関節の関節鏡手術やスポーツ障害を専門としている当院では、リハビリにも力を入れております。
スポーツによるリハビリや、運動療法・物理療法など、症状に合わせた治療方法をご提案し、早く回復されるようお手伝いさせていただきます。

リハビリ治療のお悩みはお気軽にご相談ください!

受付時間について

午前 8:30~11:30
午後 14:00~18:00 休診

横スクロールまたはカーソルで続きを表示できます→

月~土曜の上記の時間帯でリハビリを受付いたしております。
土曜午後・日・祝祭日・第1・3土曜は休診です。

対応療法

一般的なリハビリ

運動療法

骨や関節、筋肉のけが、痛み、知覚障害、運動障害などに対してリハビリテーションを行います。
運動機能の回復・向上のため、辛い症状の緩和や社会復帰を目標に、 医師の指示のもとスタッフが患者様に合ったきめ細かなサポートを行います。

徒手療法

マッサージやストレッチを行い、筋肉や軟部組織の緊張を緩和します。
関節の可動域を確認し、改善したりと身体の状態を診ながら治療します。

物理療法

患者様の痛みの緩和を目的として、電気・温熱療法等種々の物理療法機器を使用しています。
当院では、SSP・温熱療法等種々の物理療法機器を使用しています。
干渉波機器

4,000Hzと4,000~4,100Hzの2種類の中周波を体内で交差させ、組織内で周波数の低い刺激電流を発生させます。
干渉波は生体内で合成されるため、従来の低周波治療器に比べ皮膚電気抵抗を低く抑えることができ、かつ皮膚表面で消費される電気エネルギーが少ないため、皮膚表面のちりちりとした不快な刺激感覚が少なく、深部の神経・筋の治療部位に対して電気エネルギーを効率的に供給できます。
リハビリ室

SSP療法(Silver Spike Point)は、「刺さない鍼治療」の発想から開発された低周波刺激療法です。
SSPと呼ばれる小さな金属電極で低周波通電する治療法のことです。
腰牽引療法

必要以上に牽引力を増したり、牽引時間を延長したりしますと逆に腰背筋に異常な緊張をもたらし、症状が悪化することがありますので要注意です。
渦流浴(バイブラバス)

治療部位を温水の入った浴槽につけ、治療が必要な部位に対して噴流発生装置から噴出させた渦流を当てることによって循環の促進、疼痛の緩和、筋のリラクセーションなどを図る治療法です。
※写真は下肢用です。
ウォーターベッド

水の力を利用するため、腰にかかる負担が少ないです。
ご高齢の方や骨の弱い方にも安心してご使用いただけます。
超音波療法

特徴として、皮膚表層から深部まで刺激を伝えることができるので患部を幅広く治療する事が可能です。
また温熱効果や物理的な振動によるミクロマッサージ効果で損傷部位の治療促進と早期回復が期待できます。
最近では、プロスポーツ選手の治療だけではなく、ケアやコンディショニングの改善にも使用されています。
メドマー

適切な空気圧でコントロールすることにより、安全で効果的な静脈血液やリンパの流れを補助し、下肢のむくみや筋肉疲労・筋肉痛などの改善に効果があります。